FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背理法 対偶

〈分布〉論への展望なのか何なのか
要はその反動的な還元主義は結局成功しないということを、還元主義の方法が破綻するところを示すことによって示す、という、要するに背理法である。これ自体は必ずしもおかしな手口ではないわけだが、問題なのは、そうやって還元主義的反動を否定したから ...(続きを読む)

最大公約数について
背理法をもちいる。 c と d が互いに素でないとすると、c と d は公約数 k の積の形で表すことができ、 ② c = k・m , d = k・n ただし、k > 1. となる。これを①の式にそれぞれを代入すると、 ③ a = g・(km) = gk・m b = g・(kn) ...(続きを読む)

長方形の面積にまで順序に拘るアホ教師 算数「かけ算の順序」を中心に ...
背理法に近いと言えば近いが、ちょっと違う気もする。 冒頭の例では、順序派であっても長方形の面積まで順序に拘るのはナンセンスだと考えているし、反順序派もそのことは知っているから、「順序に拘ると、おかしなことになるぞ」と言っている。 ...(続きを読む)


【送料無料】難関大突破数学の底力
商品価格:1,575円
レビュー平均:0.0

スポンサーサイト
最新記事
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。